女子テニスのスヴィトリナ選手、WTAファイナルで初優勝

28日、ウクライナのエリナ・スヴィトリナ選手は、シンガポールにて開催されている、年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル決勝で勝利、優勝を決めた。

決勝戦では、スローン・スティーブン(米国)を3―6、6―2、6―2で下した。ウクルインフォルムが伝えた。

決勝戦は、2時間25分にわたり行われた。

スヴィトリナ選手がWTAファイナルで優勝するのは初めて。彼女にとっては、2018年のシーズンで4つ目、選手キャリアでは13番目のタイトル獲得となった。

なお、WTAファイナルの賞金は、700万米ドル。

Source Ukrinform



コメントを残す

電話折り返し予約