「オプティミスティック」な洞窟

ウクライナのポジーリャ地域に位置するテルノーピリ州のコロリブカ村には世界最長の石膏洞があります。その洞窟の名称は「オプティミスティック」、日本語で言い換えれば「楽観的」です。長さは216キロものであり、深さは20メートルで、アメリカにあるマンモス・ケーブに次ぐ巨大さになります。また、「オプティミスティック」洞窟はギネス世界記録に登録されており、ヨーロッパの最も長く、世界で5番目に長い洞窟です。この洞窟は1400万年前に地下水が石膏を溶かしてできました。

この洞窟には様々な形と大きさをしている数多くの迷路があります。20メートル地層の上部には石膏が褐色をしており、下部には灰黄色をしています。同洞窟は地下水が石膏を溶かしてできました。それゆえに、底は粘土や石膏の石に覆われています。最低標高地点には地底湖があります。その水面面積は10-15平方キロまで及びます。洞窟内の気温は季節を問わず9.5‐10.5度のままで、とても涼しいです。

また、「オプティミスティック」洞窟のいわゆる宝物は二次生成物です。特に石膏の結晶が有名です。洞窟の壁に真っ白で点々と付いてあったり、透明な結晶であったりし、まさに魔法世界のようにとても美しいです。この二次生成物の中には非常に珍しい無類のものもあります。

ポジーリャ地域には「オプティミスティック」洞窟の他に長さ120キロの「オゼルナ」洞窟と長さ8キロの「ヴェルテバ」洞窟があります。ところで、それらの洞窟は世界中に類のない石膏洞とされています。そのユニックな形と美しさは世界中の研究者と観光客の注目を集めます。



コメントを残す

電話折り返し予約